(持ち物)オクトーバーフェストに行く時に気をつけたいこと

Kleine Tasche, Bargeld und Kleidung 本場ミュンヘンのオクトーバーフェストは持ち込み制限があります。カバンは1つでなるべく小さいサイズの物を、安全面も考えて余分な物はなるべく置いて行きましょう。開催期間中のミュンヘンは1日の寒暖差が激しいので上着も忘れずに。 荷物は最小限に小さいカバンで オクトーバーフェストは2016年から持ち込み制限が課せられるようになりました。 持ち込み荷物の大きさ: カバンは一人1つまで カバンの容量は3L以内 カバンの大きさは 20 cm x 15 cm x 10 cm 以内 荷物を詰める前に、当日使う予定のカバンの大きさを測って行きましょう! 明らかにNGな例: バックパック A4サイズが入る大きさのハンドバッグ 買い物帰りでショッピングバッグなどを沢山持っている 会場の入場ゲートにはセキュリティ/係員が立って、カバンのサイズ・中身をチェックしています。カバンが大きい場合や、持ち込みできないガラス瓶などがカバンに入っていると入場を断られます。制限サイズ ギリギリの大きさだと、係員の目視で大きいと判断されて入場を断られる可能性が高くなります。 一番のおオススメは手ぶらで、もしカバンを持っていくなら、長ザイフがギリギリ入るくらいの小さめのショルダーバッグが理想的。また、スリ/ひったくりにあった場合も想定して、不要なものはなるべくホテルなどに置いていきましょう。私は、身分証類や不要なクレジット・銀行カード類などは置いて行っています(コピーは持参)。 その他、ベビーカーの禁止時間帯やグラス製品/スプレー缶などの持ち込み禁止など、会場内での制限事項をまとめた「10の黄金ルール」を確認してから行きましょう。 10の黄金ルール 当日使いきれるだけの現金を用意 会場内で使用できるお金は現金のみです。カード類は一切使えません。とは言ってもあまり必要以上の現金を持ち込むと犯罪被害に遭う可能性が高く、また被害にあった時の影響が大きいので、できるだけ当日使いきれる金額を持って行きましょう。 料金の目安: ビール €11,00-/1杯 テント内の料理:€20,00-/1人前1皿 フードスタンドの料理: €8,00- アトラクション: €10,00- ビール1杯と料理を頼み、アトラクションに2つ乗ったりすると、最低でも50ユーロです。その他、バースタンドでカクテルを飲んだり、スウィーツを食べたり、お土産を買ったりするとプラス50ユーロはかかるので、一人80〜100ユーロは念のため持っていきましょう。 手持ちの現金が無くなっても、会場内にはATMが複数設置されているため、現地でお金をおろすこともできます。ただし、スリ/ひったくり被害が毎年数多く報告されているので、安全上あまりお勧めはしません。特にアルコールが入っていると何が起こるかわかりません。 服装 オクトーバーフェストの期間中の1日の気温は平均して最低10度〜最高22度です。一日の間で気温の変動が激しいので、上着で調節できる服装がオススメです。 天気の良い日は、朝〜午後1時頃までは10〜15度、午後4時頃をピークに日の沈む19時頃までは20度前後と暖かくなります。ただ、日が沈んだ後は急に冷え込むため、夜までいる場合は上着が必要です。 この時期は、急に寒波がきたりと天気が変わりやすいので、カーディガンやジャケットなどの比較的「薄めの上着」と、ダウンコートなどの「暖かい上着」の両方をスーツケースに詰めておくと安心です。 関連記事 (旅行の計画)オクトーバーフェストに行く時に気をつけたいこと (会場マナー)オクトーバーフェストに行く時に気をつけたいこと

10の黄金ルール〜リュックサック禁止ルール〜

オクトーバーフェストには10の黄金ルール(Zehn Goldene Wiesn-Regeln)と呼ばれる注意事項10ヶ条があります。 2016年から導入された持ち込めるカバンの大きさに関する項目(リュックサック禁止ルール)もこの10の黄金ルールで指定されています。 その他には、地下鉄の混雑緩和のためになるべく徒歩で来るように、といった推奨事項なども含まれます。