【2020年完全版】ミュンヘン交通ガイド

Öffentliche Verkehrsmitteln ミュンヘンでよく利用する公共交通機関は、ミュンヘン交通連合MVV(*)が運行する地下鉄Uバーン、バス、路面電車(トラム)とドイチェバーン(DB)が運行するSバーン(電車)の4種類です。 少し遠出してバイエルン州内の観光地に行く場合は、DBが運行する地域列車RBやREを利用します。他の州や隣国などの遠地へ移動する場合は、地域列車同様にDBが運行する高速列車のICE/IC/IEや乗り入れしている他国の高速列車を利用することもあります。 ミュンヘンの公共交通システムは、2019年12月15日にこれまでの4ゾーン16リング制から7ゾーン制に新しく刷新されました。ここでは、ミュンヘン市内の路線図の見方や観光でよく利用する乗車券の種類などについて解説します。 (*)市内中心地はMVV配下のMVGが運行しています MVV: Münchner Verkehrs- und Tarifverbund, ミュンヘンの交通網の管理運営、運行 MVG: Münchner Verkehrsgesellschaft GmbH, ミュンヘン市内中心地の車両の運行 路線表の見方:M+1〜6ゾーン制 新しいミュンヘンの交通システムは、ミュンヘン市内中心地のゾーンMと近郊ゾーン1〜6の7つのゾーンに分けられます。各ゾーンはMから6まで順に、白(M)、黄(1)、赤(2)、青(3)、緑(4)、オレンジ(5)、紫(6)に色分けされています。乗車券を買う場合は、1日の間でどのゾーンを移動するかを事前に把握して購入すると良いでしょう。 主に利用する駅 ミュンヘン国際空港(MUC):ゾーン5(オレンジ) 中央駅/旧市街などの市内中心地:ゾーンM(白) 路線図のダウンロード MVG Netz- und Tarifplan (pdf) 乗車券の種類:片道乗車券と1日乗車券 乗車券には片道乗車券と一日乗車券があります。5歳以下の子供は無料、6〜14歳の子供は子供料金、15歳以上は大人料金です。 利用できる車両 乗車券の有効移動区間内の車両全てに同じ乗車券で乗車できます。つまり、地下鉄、バス、トラム、Sバーンなどの車両ごとに乗車券を買い換える必要はありません。 ・Sバーン、地下鉄Uバーン、バス、トラム、地域列車(RE/RB)、私鉄(alex/Meridian/BOB/BRB)(*) (*)私鉄(alex/Meridian/BOB/BRB) ドイツ全土でDBの路線を補完するように各地域で私鉄が走っています。ミュンヘン近郊を走っている私鉄はalexとMeridian/BOB/BRBの4路線、乗車券はミュンヘンの交通網内はミュンヘン交通の料金体系、ミュンヘン交通網外の場合はDBから乗車券を購入できます。 alex: ミュンヘンを中心に南はLindau Hbf(リンダウ)、北はRegensburg(レーゲンスブルク)を通ってチェコのPraha hl.n(プラハ)まで走ります。 Meridian/BOB/BRB: ミュンヘン中央駅から南東にオーストリアのSalzburg Hbf(ザルツブルク)はMeridian、南に向かって走るのはBOB、南西のFüssen(フュッセン)やAugsburg Hbf(アウクスブルク)から北にIngolstadt Hbf(インゴルシュタット)などへ複数走るBRBがあります。 料金表 ※2019年12月15日 現在の料金、例年12月に料金改定があります。詳細は 料金表 pdf (MVG 独/英) ゾーンMを含む M (市内観光)   …

【2019年度版】ミュンヘンの交通

※2019年12月15日に新しい料金体系が導入されました。 ↓↓最新版はこちらから↓↓ 【2020年完全版】ミュンヘン交通ガイド 従来のゾーン・リング制を廃止し、新しい料金体系が導入されます。ということで、以下のミュンヘンの交通システムは2019年12月14日までとなります。新しい料金体系は、また別途更新します。

ミュンヘンの交通事情(2017年)

※ 2017年12月10日に料金などの改定が行われました。新しい料金など、2018年度の最新版としてまとめました。 【最新版】ミュンヘンの交通 2018 (2017年12月10日価格改定反映) ドイツの交通システムはどの都市もほとんど同じです。ミュンヘン、ベルリン、フランクフルトなどの大都市の中心地はその都市の交通連合が地下鉄、バス、トラムを、旧国鉄のDB(ドイチェ・バーン)が周辺都市を結ぶ長距離の列車を運行しています。

【ブリュワリー・ツアー8選】ビールの試飲付き!ミュンヘンの醸造所見学

ミュンヘン市内、近郊にあるブリュワリーの中には、ビールの醸造工程を見学できるツアーを実施しているブリュワリーがあります。ミュンヘン市内では2箇所、2時間以内でいけるミュンヘン郊外では6箇所あります ブリュワリー・ツアーは予約制で大体10〜20人ほどのグループで回ります。定員割れの場合は、ツアーがキャンセルされることもあります。

ミュンヘンから日帰りで行ける観光名所

ミュンヘンから日帰りで行ける観光名所へは、高速列車または、近郊列車、バスなどの公共交通機関で。人気のロマンティック街道は街道沿いの街を周遊するバスツアーもあります。 ただ、観光名所は転々としているので、ベストな移動手段はレンタカーです。

(旅行の計画)オクトーバーフェストに行く時に気をつけたいこと

Reiseplan オクトーバーフェストはおよそ16日間(年によって多少異なります。)、2週間強という短い期間に国内外から約6.5億人の人がミュンヘンへ集まります。この期間は観光のハイシーズンのため、なるべく早め早めに手配を始めましょう。 オススメは最初の週 オクトーバーフェストに行くなら最初の週がオススメです(*)。初日と2日目はパレードがあり待ち望んだオクトーバーフェストがついに開幕した興奮と熱気に会場周辺が包まれます。 また、ミュンヘンは8月末ころから秋の気候になります。オクトーバーフェストの開催される9月下旬は比較的まだ暖かく、10月に入るにつれてだんだんと気温が下がります。また、日照時間も徐々に短くなっていきます。 そして、何と言っても初めの頃は会場を含むミュンヘン市内がまだとてもキレイです。オクトーバーフェストの終わり頃になると、会場周辺はビールのガラス瓶の破片が散乱し、ゴミや吐瀉物などによって会場内/会場周辺/地下鉄などの車両の中まで汚れていることもあります。実際、ミュンヘン市は期間中に会場の近隣住民へ「お掃除ホットライン」を提供しています。 「パレードあり」「(多分)暖かい」「キレイ」という理由で、ぜひ最初の週を検討してみてくださいね。 旅程の詳細を決める時は Wiesn Barometer (*)1週目は混雑しているから2週目以降をオススメされることもありますが、オクトーバーフェストは「いつでも混雑」しており、1週目だろうが2週目だろうがほとんど大差はありません。 ホテルは早めに予約 オクトーバーフェストに行こうと決めたら、なるべく早めにホテルを予約しましょう。この時期はハイシーズンのため、ホテルの部屋の料金も釣り上がります。 平常時で一泊60〜100ユーロのダブルの部屋が、200ユーロ〜になることも珍しくありません。1年前から予約をする人も多いので、できれば半年〜3ヶ月前には計画を立ててホテルを予約した方が良いです。 ミュンヘンのホテル ホテルを探す(Booking.com)  Booking.com もしどうしても手頃なホテルが見つからない場合は、airbnbなどを利用して民泊する、近郊の都市などでホテルを探す、別の都市で宿泊して夜行列車/夜行バスなどを利用してミュンヘンに日帰り旅行をするのも手です。 不正なチケット(予約席)に注意 もしオクトーバーフェストで予約席に座りたい場合、必ず自分で直接テントまで予約をしてください。 オクトーバーフェストの予約席は第三者への売買が禁止されています。売買サイトや代理店を通して購入したもの(ツアーに付随しているものなど)は規約違反になり、無効です。 そもそも、オクトーバーフェストはミュンヘン市民のための市民フェストです。例えば、日本の花火大会の予約席が転売屋や旅行代理店のツアーなどによって外国人観光客に買い占められていたら、地元の人は怒ると思いませんか。それと同じで、オクトーバーフェストの予約席を使ったビジネスはNGなのです。 オクトーバーフェストはいつでも混雑していますが、団体旅行でない限り、曜日や時間帯を選べば必ずテント内の席に座れます。でも、もしどうしても予約がしたいという方は、必ず自分/グループ代表者が直接各テント事務所まで予約をしてください。 テントの席を予約するには ビアテント 予約概要 関連記事 (持ち物)オクトーバーフェストに行く時に気をつけたいこと (会場マナー)オクトーバーフェストに行く時に気をつけたいこと